yotuba.xyz/

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よつば君

まだ、そんな世界で生きているの?

無償の愛が真実の愛である。見返りを求めるから恋愛関係は続かない。

暮らし 暮らし-恋愛

人を愛することは自由である。
その愛を色々な形で表現することも自由である。
相手を喜ばせるためにプレゼントを買ったり、豪華な食事に誘ったり、それも愛を表現する上での一つの形である。相手を愛すれば愛するほど、色々な形で相手に愛を与えることになる。

目次

 

しかし、与えるだけの愛では満足しなくなり、相手からの見返りの愛を求めるようになる。 良くこんな言葉を聞かないだろうか。

「俺がこんなに色々とやっているのに彼女からは何もない」

これは見返りを求めている典型的な言葉である。
ここで冷静になってほしい。あなたが相手に与えた愛は、あなたが好きだからやっていることではないのですか。あなたは、相手から好きになってほしいと言われて好きになったのですか? 違うでしょう。

あなたが勝手に好きになっただけで、その愛をプレゼントや豪華なディナーという形に変えてをあなたが勝手に与えていただけであるはず。
そこに「見返りを求める愛」の怖さがある。

相手からすれば勝手に好きになった相手から、勝手に色々とプレゼントされて、それで見返りを求めるなんて身勝手にもほどがあると思われてしまう。 この問題は、付き合っているカップルでも起きることであるし、片思いでも起きることである。
この問題は自己解決するしか方法が無く、過度に相手に求めすぎると愛は破たんする。

自己解決する方法

見返りを求めない愛はあるのだろうか。そんな疑問を抱く方もいるだろう。ここでは、見返りを求めない愛を「無償の愛」と定義する。 実際に無償の愛はほぼすべての人が生まれながらに経験している。

それは、母親の子供に対する愛情である。

ダメ息子であろうと、やんちゃな娘であろうと、母親はわが子の為にすべてを犠牲にしている。プライベートがなくなることは勿論の事、金銭的にも子供優先になる。
子供の為になるなら命も犠牲にすることが母親の愛である。

この母親の愛は見返りを求めてはいない。子供に対して将来の恩返しなど、微塵も期待することなく愛を注いでいる。これが「無償の愛」である。

無償の愛を貫くには 、先に述べた母親の愛ほど極端ではないが、異性と良好な関係を長く気づきたいのであれば無償の愛が不可欠である。

あなたが彼女にプレゼントするのは、あなたが勝手に相手を好きになったからである。

あなたが彼女の分まで食事代を払うのは、あなたが勝手に彼女の事を愛しているからである。

そのような割り切りが恋愛には必要である。

ある程度割り切りことができると、相手の事を冷静に見ることができ、相手の良い点を再確認することが出来るし、相手の悪い点も発見することができる。
相手の事を客観的に見て、今後の相手との関係を考えるうえでも割り切った思考は必要である。

余裕をもって相手と接する。

無償の愛について割り切った考えが必要であると先に述べたが、割り切るとは愛が冷める事ではない。
割り切っ考えを持つとあなた自身に余裕が生まる。その余裕が更なる魅力となってあなた自身に良い結果をもたらしてくれる。

プレゼントをあげた時に、彼女が見せる笑顔、それだけで満足が出来るようになる。

食事を共にした後、彼女が発する「おいしかった」だけで、心が満たされるようになる。

ちょっとした事で心に安らぎを覚えるようになることが余裕へと変わるのである。余裕がある人と無い人では、余裕のある人に魅力を感じるのは万国共通ではないだろうか。

あなたの余裕が彼女にも伝わり、あなたの隠れていた魅力に彼女も気づくであろう。

但し、余裕を持つ事で、彼女に対する熱が冷めてしまうこともある。

余裕が出ることで、冷静に物事を見る目が養われる。先ほど相手の悪い面も発見することがあると述べたのがまさしくそれである。全てが好きであったはずの彼女の良からぬ部分が目につくようになる。

しかし、ここでも無償の愛を忘れてはならない。悪い所も含めて彼女の個性である。人には一つや二つは欠点がある。それも含めて愛するができなければ無償の愛とは言えない。バカな子ほどかわいいと母親が言っていたように。相手の個性と思って受け止めることが出来れば無償の愛が成就する可能性が高くなる。

但し、冷めると言うと聞こえはいいが、飽きると言った方が正解かもしれない。

悪い部分が目につくようになると、冷めると同時に飽きがくるのである。世の中には星の数ほど異性がいる。彼女しか見えていなかった世界に、新たに広がりが出来ることも良くある話である。

そんな時は彼女に別れを告げて新たな出会いを求めても構わないし、彼女との関係を続けつつ、新たな出会いを求めても一向に構わない。結婚をしているのであれば言語道断であるが。

世の中には沢山の出会いがある。今の彼女も偶然出会って、たまたま好きになっただけである。そのような出会いを呼び込むためにも無償の愛を心がけるようにしたいものだ。

以上、無償の愛が真実の愛である。見返りを求めるから恋愛関係は続かない。でした。