yotuba.xyz/

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よつば君

まだ、そんな世界で生きているの?

デジタルカメラの液晶画面に保護フィルムを貼ってみた!

Still0101_00000-2

新しくデジタルカメラを購入したため、液晶画面に保護フィルムを貼ることにしました。
保護フィルムと言っても、デジカメによって液晶の大きさが違うため、適当なのを選ぶわけにはいきません。
購入したカメラがソニーのサイバーショットDSC―WX220の為、それにあった保護フィルムを探すしかありません。
インターネットを駆使して調査したところ、ケンコー製でDSC-WX220用の保護フィルムが見つかりました。
販売ページで購入された方々の評価を確認し、特に問題なく晴れそうなのを確認してから、購入に踏み切りました。

関連動画はこちら ⇒カメラ保護フィルム貼りに挑戦!

今回使用した保護フィルム

但し、保護フィルムには失敗が付き物。きちんと綺麗に貼り付けることができるのか。
一発勝負で貼りつけ作業を実施しました。

実際に貼り付けてみて

保護フィルム貼り付けは、とても簡単でした。
パッケージの裏面に貼り方が記載されていたり、中に入っていた取扱説明書のよう紙にも親切に保護フィルムの貼り方の説明が記載されていました。
保護フィルム自体は3層構造になっており、保護フィルムの両面から保護フィルムを傷つけないようにするためのフィルムというかシートが貼り付けられており、
そのシートを剥がしながらカメラの液晶画面に保護フィルムを貼りつけるようになっていました。
貼り付ける前に液晶画面をティッシュで拭き取り、液晶画面の表面に付いた指紋やホコリを取り除く必要があります。

私はティッシュで拭き取りましたが、ティッシュに付いている細かい繊維が液晶画面についたので、
次にもし実施する機会があれば、その時は、専用の布などで液晶画面を拭き取るようにしたいと思います。
その方が作業効率も上がるのではないかと考えられます。
実際に貼り付けた雰囲気に関しては関連動画を見ていただきたいた方が理解が深まると思うのですが、
簡単に作業状況につてご説明すると、貼り付ける際に液晶画面の位置合わせが少し時間がかかりました。

保護フィルムについているシートを剥がしながら、液晶画面にズレが無いように位置合わせをしなければならないことと、
カメラ自体が軽い為、少し、力を加えるというか、触れてしまうと、カメラの位置がズレテしまうため、
慎重な作業を要求される工程だと思います。

それ以外は、特に気にすることなく作業を進めることができると思います。
最後に保護フィルムの表面を保護している薄青いシートを剥がせば完了です。
時間にしても20分もあれば十分に仕上がると思います。(実際に時間を測っていないので、なんとなくの間隔です。)

保護フィルムを貼った動画です。


でも、保護フィルムだけ買っても、うっかり落としたら、元も子もありません。
そこで、カメラのサイズにピッタリなカメラケースも手に入れました。
そのカメラケースに関しても、近いうちにお話しできればと思います。