yotuba.xyz/

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よつば君

まだ、そんな世界で生きているの?

洗脳された日本人 ブラック企業は社員の責任感や真面目さを利用

ニュース ニュース-仕事

f:id:metaru333kitigai777:20161106231501j:plain

日本人は真面目すぎる。そして、責任感が強すぎる。

海外で起業した友人と久しぶりに会った。10年ぶりの帰国とあって、久しぶりに見る祖国は彼の目には奇異に映ったようだ。 

とかく、世間を賑わせているブラック企業に関しては、そんな企業が存在すること自体が不思議でならないのだとか。

彼の意見からすると、ブラック企業が存在する理由は、日本人の真面目すぎる気質が原因らしい。 

真面目すぎる為、仕事に対する責任感が強すぎる。仕事を完結出来なかった場合に生じる迷惑を恐れ、必要以上に働いてしまう。当然企業側にも問題はあるが、根本の原因は働く側の考え方にあるのではと語っていた。

目次

洗脳された日本人

f:id:metaru333kitigai777:20161106231512j:plain

日本人は他者に迷惑を掛けず、責任感を持って真面目に働くよう洗脳されているらしい。

近隣諸国でも独裁政権だったり、不思議な慣習のある国だったり、日本人から見て理解できない国がある。そんな国を見て我々日本人は洗脳されていると感じることも少なくないが、他国から見ると、日本人の真面目な考え方も奇異に見えるらしい。 

真面目に働くこと自体は良いことなのだが、体や心を壊してまで働くことは、まじめを通り越して洗脳と言うらしい。家族の事を顧みず、会社に忠誠をつくし働き続ける日本人は、真面目で責任感があることが一番の美徳と洗脳されていたのだ。

 

おすすめ記事

 

 

従業員が率先してサービス残業、休日出勤をしている

f:id:metaru333kitigai777:20161106232455j:plain

多忙の場合、日本人は誰に命令されるわけでもなく、率先して残業をしている。それも給料の出ない「サービス残業」である。これも日本人の真面目、責任感からくる所業である。 

会社に対して迷惑をかけないため、多少の疑問を持ちつつも、自らを犠牲にして深夜まで働く。家族の事や自分の事を顧みないで、会社の事だけを考えて無給で働く。信じられないことだ。 

海外では定時時間が来る前に帰り支度を始め、定時時刻になった同時に一目散に帰宅する社員ばかりらしい。多忙な時期で残業など頼んだら「辞めます」と言って次の日から来ないらしい。 

サービス残業だけでなく、休日に率先して出社することもの日本人の特徴らしい。溜まった仕事を休日にこなす事は日本人なら当たり前の感覚だ。そこまで会社の為に・・・などと美談として語られる事もあるが、海外では休日に出社するなどあり得ないらしい。 

有給休暇を全て使い切るだけでなく、「もっと休ませろ!」と経営者に対して要求してくることも日常茶飯事。理不尽な要求でも無下に断ると辞めてしまうので、ある程度は聞き入れるとのことだ。日本人と同じような働き方も求めたらストライキが起き、収拾がつかなくなるとのことだった。

 

おすすめ記事

 

経営者は従業員の責任感を利用している

f:id:metaru333kitigai777:20161106231718j:plain

従業員の真面目さや責任感の強さを経営者は利用しているらしい。

日本人は家族や自分の事より、会社を優先して考える。経営者もそのことを十分に理解している。経営者は口では「早く帰る事」などと言って、定時退社を促すが、定時では終わるはずのない膨大な量の業務を従業員に課している。 

そして、業務が完了しない事は「効率の悪い社員の責任」として従業員に責任を擦り付けている。責任感の強い日本人社員は時間内に業務が終わらないことを自分の責任と捉え、サービス残業をしてしまう。また、多忙な時はサービス残業は当たり前と考える従業員も多い。 

これらは従業員の責任感をうまく利用した経営者の手法である。旨味を得るのは経営者だけである。そのことに早く気付き、すべての従業員が無益な残業はしないと反旗を翻すことが賢明である。 

全員が定時で退社したら、たちまち経営は立ち行かなくなり、会社は傾くだろう。そのことを経営者だけでなく従業員も理解している。だから従業員は無給でも働いてしまう。

 

しかし、定時で是認が帰ったからと言って直ぐに経営は傾かない。傾く前に経営者は増員を決断する。その決断を促すためにも全員で腹をくくって定時で帰る事が必要だ。

他人を気にしすぎる

f:id:metaru333kitigai777:20161106231729j:plain

同僚や上司、会社に関わる人の事を気にしすぎる。同僚や上司の目ばかり気にして、必要のない残業を行ったり、安請け合いで仕事を押し付けられたり、嫌な目にあっても自分の考えを押さえ込んで仕事をしている。 

「嫌われるかも」そんな恐怖が心を支配し、顔色をうかがってばかりのサラリーマン生活。よく考えてみると、同僚や上司は赤の他人である。あなたの事など「使えるか」「使えないか」でしか見ていない。ピンチになると平気で裏切る可能性もある。そんな人間関係より大切なのは「家族」であり「友人」である。 

最後に頼りになるのは「家族」と「友人」だけだ。あなたの事を大切に思ってくれる人を第一に考えなければ、大事な人は、あなたの元を去って行ってしまう。本当に気にしなければならない人は誰なのか、もう一度、周りを見渡して考えてほしい。 

海外では家族に一大事が起きると、仕事が途中であろうが帰ってしまうらしい。それぐらい家族の事を大切に考えている。それで仕事をクビになっても良いと考えている。それぐらい家族に対する思い強いのだ。

仕事の事を考えすぎる

f:id:metaru333kitigai777:20161106231818j:plain

日本人は仕事の事を考えすぎるらしい。仕事に対する責任感が強すぎるからだろう。仕事で問題を抱えていると、休日でも仕事の事が頭から離れず、心をリラックスさせることができない。 

家族と余暇を楽しんだり、友人と趣味を楽しむこともできず、常にトラブル解決策を考えたり、トラブルを未然に防ぐことを思案したり、必要以上に仕事の事を考えすぎである。心配しすぎて最後には心を壊してしまう。 

そうなっても会社はなにも困らない。出世する人の意見では必ず「仕事とプライベートは分ける」と言っている。休日に余計なことを考えず、心の安息を優先しよう。

 

おすすめ記事

 

仕事以外やることがない

f:id:metaru333kitigai777:20161106231835j:plain

結局のところ、仕事以外やることが無い日本人が多いことがブラック企業をのさばらせる下人ではないだろうか。 

・仕事が好きで仕事中毒の人

・出世が第一の人

・家に帰りたくない人

 

サービス残業や休日出勤を行う理由は色々あるが、結局のところ、仕事以外やることが無いのではないか。私の周りにも趣味を持っている人はほとんどいない。楽しみを持っている人もいない。やることがないから仕事をする。そんな状況ではないだろうか。たしかに休日でもやることが無い。何もないから仕事をする。どうしたらいいんだ! 

定年退職後、やることが無く困っている方がいるとテレビで特集していた。仕事があるうちは仕事に打ち込むことも大切だが、定年後の事も考え、趣味や楽しみを見つけることも大切だと思う。

まとめ

ブラック企業を作り出したのは真面目な日本人かもしれない。

あなたが考えるほど、会社はあなたの事を考えていない。あなたが壊れて使い物にならなくなっても、会社は直ぐにあなたの変わりを見つける。 

しかし、家族にとっては「かけがえのない存在」である。あなたがいなくなって露頭に迷うのは家族である。

仕事をするのも家族の為である。仕事ができるのも家族がいるからである。