yotuba.xyz/

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よつば君

まだ、そんな世界で生きているの?

中小企業で出世するテクニック!仕事は二の次だ!

ニュース ニュース-仕事

f:id:metaru333kitigai777:20160830004940j:plain

日本に籍を置く企業の大多数が中小企業である。

殆どの日本人が中小企業で働くこととなる。

働くからには出世したい。それは誰もが思う事。同期に負けず、誰よりも早く出世する方法をご紹介したいと思う。

出世に必要な能力。

必要な能力は「上司をおだてる」。これだけだ。誰よりも売り上げを上げたり、誰よりも業務量をこなしたり、会社の為に誠心誠意働くことではない。「上司をおだてる」本当にこの能力だけで出世できる。

例えば

Aさん:仕事はできないが上司の受けが良い。

Bさん:とんでもなく仕事ができるが、上司の受けは普通

当然上司もBさんの業務を評価している。Aさんが仕事ができないことも理解している。

しかし、日本の社会システムではAさんが出世する。絶対とは言わないが、ほぼ間違いない。要は上司とのコミュニケーション能力だけだ。

上司にとってはAさんは「かわいい部下」であるが、会社にとっては「必要ない人材」である。本来の業務内容を正確に判断できるのであればBさんが出世することになる。

Aさん、並びにAさんを評価している上司は、会社にとって必要ない人材である。

しかし、Aさんが出世してしまうのである。

このような不思議なシステムが日本の人事評価には存在する。従い、Bさんは会社を去ることになる。Bさんに去られた会社は「優秀な人材がいない」と嘆くことになる。しかし、転職した会社が中小企業なら、またしてもBさんは評価されない。「仕事が人一倍できるだけ」だからだ。

私は、今まで数々の中小企業を渡り歩き、仕事が全くできない人が出世するのを何回も見てきた。当初は「何かの間違いでは?」と思っていたが、今は確信している。上司に受けが良いだけで出世できると。仕事の評価などどうでもいいのだ。

それでも最低限の仕事ができないと出世できないのではと思う方もいるかもしれない。そのような中小企業も若干あるかもしれないが、仕事などできなくても良い。何故なら、できる人がやってくれるからだ。

そんな状況から、仕事ができる人には次々と仕事が回ってきて超多忙になる。深夜まで働くことになるかもしれない。

一方、上司受けが良い人には、仕事が回ってこない。なぜなら「かわいい部下」だからだ。かわいい部下に仕事を押し付けることは上司としてできない。それよりも自分のそばに置き、常におべんちゃらを言ってほしい。

しかし、そんな状況で出世を繰り返すと、しっぺ返しにあう。

仕事ができないまま出世してしまうため、部下の方が仕事ができてしまうのである。

自分より仕事ができない上司の言うことを聞く部下はいない。部下からなめられてしまい、時期に言うことを聞かなくなる。そうなると、上司としての立場がなくなり、会社を去ることになる。何も能力がないまま会社を去ることになるので、次の会社で悲惨な目に合う。そんな上司もたくさん見てきた。

しかし、そうならないように、仕事ができない上司は、仕事ができないおべんちゃらを言う部下をかわいがる。そして、その部下を出世させる。

これが中小企業の実情である。悲しいことだが・・・

いち早く出世するには間違いなく「上司受け」を一番に気にする必要がある。仕事の事などほっておいて、上司に媚びを売ることが一番重要である。しかし、出世した後の事も考え、ある程度は業務もこなせるようにすることが賢明である。