この話は、私がアイドルに心を奪われた話である。それも一人や二人ではない。

先日、家族でイベントを見に行った。イベント内容等は割愛するが、そのイベントにはテレビでも活躍している女性アイドルグループが出る予定で、娘がどうしても見たいとせがむので嫌々ついて行った。

因みに、私はアイドル事態に興味が無いし、加えて若ければ誰でもよい。

スポンサ-リンク

混み合う会場

イベント会場は混み合っており、オタクと呼ばれる方々が退去押し寄せて異様な雰囲気だった。今か今かとアイドルの登場を心待ちにしている彼らの近くは危険と判断し、少し離れた場所に陣を構えることにした。

とっとと始まって、とっとと終わってくれ。そんな願いを聞き入れてくれたのか、開園時間となった。音楽が流れ出し、アイドルグループがステージになだれ込み、良く知らない曲を歌い始めた。

20歳以下の小童と言えばそれまでだが、こんな女の子達のどこに夢中になれる要素があるのか。そんな疑問を抱きながらステージ前で声援を送るオタクと言われる人たちを少し引いた目で見ていた。

娘が前の方で見たいと言ってきたが、危険性が高い為、私が見やすい場所を探すと言って、ステージに向かった歩みを進めた。人ごみを若干強引にかき分けて彼女たちの見える場所にたどり着きステージを見上げた。その瞬間、時間が止まった。

「かわいい・・・」

思わず胸の奥がキュンとなってしまった。こんな気分は久しぶりだ。

彼女たちに心を奪われたのだ。

実物は可愛い

マイクを片手に大声で歌う姿、一糸乱れず踊る姿、汗まみれでも絶やさぬ笑顔。

そんなことはどうでも良く、ただ「かわいい」のである。

それも、信じられないことに全員可愛いだけでなく、全員がど真ん中のストラクなのだ。選べない状態に戸惑いを覚えるほどだ。この中で「推しメン」を見つける「オタク」と呼ばれる人たちは、どれだけ面食いなのだ。

私など、ビデオレンタルで、パッケージを見て中々借りるビデをを決められず、グルグル一周して、よしこれだ!と思ってそのビデオの場所に戻ったら借りられている状況に似ている。なんか違うな、今は正直、誰でもいいぞ的な感じだ。

年齢的なものか、恥じらい的なものか良く分からないが。

彼女たちを何度かテレビで見たことあるが、その時は私の「リトルよつば君」はまったく反応しなかったが、今は反応しまくりだ。やっぱり生は良い。なんでも生が一番だ。生で見られたことに感謝だ。

そこで私は気が付いたのだ。

皆、テレビ映り悪すぎ!

でも目の前にいる彼女たちはとんでもなく可愛い。実物は本当にかわいい。

ステージ前で踊っているファンたちの気持ちも十分に分かる。

しかし、目の前の彼女たちはこんなに可愛いのに、なんでテレビでは可愛くないのだろう。

スポンサ-リンク

テレビでよく見るアイドルは別次元

よく考えれば、テレビに出る人は日本中から選りすぐられた可愛い人たちだ。例えるなら全日本の可愛さだ。県大会レベルの可愛さでは活躍できないし、ましてや市内大会レベルでの可愛さでは太刀打ちできないのだ。

彼女たちは全日本と県代表の中間ぐらいだろう。それでも「めちゃめちゃ可愛い」

全日本レベルの人を見たら、とんでもなく可愛いのだろう。その中でレギュラー番組やドラマなどで活躍するアイドルは全日本のエース的な存在なのだろう。

今までテレビに向かって「かわいくない」とか「ブサイクだ」と言っていたアイドルも本人を目の前にしたら心を奪われるだろう。地方予選レベルを相手にしていた私だから間違いない。世の中は広い。知らない事ばかりだ。

そんな事を考えながら彼女たちを見ていたら後ろから服を引っ張られた。振り返ると娘が怒って立っていた。

仕方なく、会場の隅に行き、娘を肩車してステージが見えるようにすると大はしゃぎ。しかし、5分も持たずに崩れ落ちた。

そんなこともあり、いつしかステージは終わった。

帰り際リ娘が「アイドルになる」と言っていたが止める様に促した。だって「テレビ映り悪い」から。市内大会も突破できないだろう。

 

因みに私の名誉のため付け加えるが、私は「全日本レベル」だ。

もちろん最低選手権の・・・

 

以上、生は最高だ!テレビ映りが悪い可愛そうなアイドルグループの話。実物はカワイイ。でした。