f:id:metaru333kitigai777:20160608225047j:plain
毎年、2月中旬になると気が重くなる。
確定申告があるからだ。
書類はあらかじめ準備しているので、問題はないが、申告会場が大変交雑するのが嫌である、
いつも2月末ごろに確定申告に行っている。
今回は、早めに申告に行ってみた。それも初日に

人が少ない

確定申告の開始初日に会場に足を運んだ。
いつもなら、受付の前段階で、人の列が並んでいる場所に誰もいない。
受付にも受付係の人しかいない。
全てがスムーズだ。そのまま会場に入ると、驚きの光景が広がっていた。
ほとんど人がいない。申告に来ている人より、税務署の職員の方が多い感じである。
とても広い会場であるが、人がいない為、閑散としている。
例年の混雑がなんだったのかと思えるほど人がいない。
昨年は、何百人いるんだ!と思えるほど人が多かった。

職員も丁寧に教えてくれる

訪れる人が少ないので、係員も気のせいか暇そうである。
通路は、セルフPC、補助付PC、申告書作成済みの3列に別れておりました。
セルフPCはパソコンの操作が出来る方、補助付PCはパソコンの操作が苦手な方、申告書作成済みは、既に申告書を作成しており、提出するだけの方とのこと。
私は補助付PCの通路を選び、先に進みました。PCの操作は出来ますが、申告内容で質問したいことがあったため、補助付PCを選びました。
人が少なかったので、待ち時間無しで、パソコンにたどり着くことが出来ました。
係員の方がマンツーマンで操作を教えてくれるとのことで、係員の方が、申告資料の提示を求めてきました。
申告内容で質問したいことがあると伝えると、「税務署の職員を呼びますね」とのことで、おもむろに赤いカードを掲げました。
係員の方は税務署の職員では内容で、パソコンの操作補助専門の方のようでした。
駆けつけた税務署の職員の申告内容のことで質問を行うと、このように申告してくださいと回答がありました。(内容は省略します)
後は、パソコンの操作を行うだけです。
補助の方がソフトの起動の仕方から、項目の入力方法など親切に説明してくれたため、10分程度で入力が完了し、無事に申告も完了しました。

まとめ

やはり初日は空いています。
同じ作業をするのに、混雑時だと待ち時間も合わせて3時間ぐらい昨年は掛かったと思います。
都合もあるので、初日に会場に行くのは難しいかもしれませんが、申告が始まったら早い段階で済ませるのが一番良いとおもいました。
来年も初日に行けるようにスケジュール管理をしていきたいと思います。