yotuba.xyz/

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よつば君

まだ、そんな世界で生きているの?

「新幹線から富士山を見る方法」の動画を作成して、散々な結果に

新幹線から富士山を見ようと動画を作成したが

新幹線に乗って富士山を見る 新幹線から富士山を見る方法の動画をアップロードしました。 動画を作成しょうと思ったのは、新幹線で東京に行くことがあり、車窓から外を眺めていた時に、たまたま富士山を見る機会があったからです。晴天の雲が少ない青空の中に大きな富士山が姿を表し、とても感動しました。 その感動を味わっていただきたいと思い、動画をアップしました。 しかし、思ったより再生数が伸びていないのが実情です。 かなり凝った作りにの動画ですので、時間もかなりかかりました。 やはり、新幹線は出張などでサラリーマンの方が使用することが多く、富士山どころではないのでしょうか。 動画を作成して、しばらくしたところ、富士山が世界遺産に登録されました。

これはチャンス到来とばかりに、新幹線から富士山を見ようと考える方が増えるに違いないと期待したのですが、結果は変わらず。 再生回数の伸びは、ほとんど確認できませんでした。 そこで考えました。世界遺産に登録・・・世界遺産・・・世界・・・世界だ! 世界に向けて発信すれば良いのだ!そう考えた私は、動画に改良を加えました。

改良した内容は言語です。日本に訪れた外国人観光客用に多言語で動画を作成したのです。 多言語と行っても作成したのは、英語版、中国語版、韓国語版ですが。 こちらもかなり気合を入れて作成しました。早速アップロードして期待を胸に、再生回数の動向を確認しました。 しかし、どれも、イマイチ再生数が伸びません。 富士山も新幹線も観光客に人気があるコンテンツだと思ったのですが、世の中、思うようには行きませんね。

動画を更に詳しく改良

再生数が思ったより伸びないので、動画に改良を加えることにしました。 それは、上り(東京方面)用の動画と、下り(新大阪方面)の動画の2つに分けて、内容に若干の改良を加える事でした。 この改良を行ったのは日本語版の動画に対してです。 この改良は少しではありますが効果がありました。上り(東京方面)の動画の再生回数が上昇してきたのです。 何故、再生回数が上昇したかはわかりません。

下り方面に関しても同じような作りになっており、改良内容はほぼ同じのなんですが、良くわかりません。 東京に出張する人が多かったのかな?それとも、東京に観光する人が多かったのかな? よく考えてみると、新幹線を利用する人は、そんなに多くないですよね。 利用したとしても、わざわざ富士山を見ようと考えて乗る人など少数ですよね。 たまたま新幹線に乗っていて、「もしかしたら、富士山が見えるかも」と考える人が調べるぐらいですよね。 そう考えると、再生回数が少ないのも理解できます。