f:id:metaru333kitigai777:20161109113346j:plain

トランプ候補が優勢である!

AM12:00時点でのテレビ各局の速報をまとめると。

トランプ候補:140  クリントン候補:100

トランプ候補が優勢である。

AM10時くらいの速報ではクリントン候補が優勢であったが、トランプ候補が逆転した。

目次

接戦州、激戦州が勝敗の分かれ目

接戦州、激戦州とは共和党、民主党のどちらに優勢とも言えない地区の事で、接戦州での結果が大きく勝敗を左右するらしい。

接戦州として挙げられるのは、フロリダ、オハイオ、 ノースカロライナ、ペンシルベニア、ヴァージニア、アイオワなどだ。

選挙速報を見る限り、どの接戦州でもトランプ、クリントン共に激戦を繰り広げている。

激戦州に限り、どちらが優勢とは言えない状況だ。

為替も株も混乱している

為替市場、株式市場共に先行き不透明な大統領選挙の結果に右往左往している。

トランプ氏が優勢と流れると日経平均は500円近く下げたらしい。これでトランプ氏が大統領になったら、どれだけ株価が下がるのか。非常に興味深い。

私は株も為替もやらないので、乱高下して混乱すればするほど面白いと勝手に思ってしまう。それが日本経済にどのような影響を及ぼすか、私にはわからない。

大統領は誰だ

現時点ではどちらが有利か判断する事は難しい。

個人的に思うのはクリントン候補は現政権の延長で、トランプ候補は何をするか良く分からない。今が幸せか考えると疑問符が付く。ならば、少し危なくてもわからないほうが未来が拓く可能性があると考えてします。

そんな曖昧な考えからトランプ候補が良いのかもと考えてしまう。

トランプ逃げ切れるか

このままトランプ候補が逃げ切るか注目されるが、現時点では1/3程度が開票されているようだ。

地上波では殆どの局で選挙速報を行ているが、一部の局では生放送でテレビショッピングを行っていた。赤と青の掃除機から選んでほしいと力説していた。こちらでも共和党(赤)と民主党(青)が激戦を繰り広げていた。どちらも良く吸うらしい。いつもの様にテレビショッピングはお買い得だ。

 あわせて読みたい